不妊治療

子宝鍼施術コース

医療機関で検査された血液検査を元に母体が現在どういった状況にあるのか、今後どうしていくことが望ましいのか、専門的なアドバイスをわかりやすくお伝えしきます。不妊治療は一朝一夕にはなりません。パートナーと一緒に来院することも可能です。その際は同時間で二人の施術となります。

不妊症とは

一般的に避妊をせずに性生活を夫婦間で行い1年たっても子供ができなければ不妊症と定義されます。

不妊治療のメカニズム

その原因には様々な原因が予想されます。よく聞かれるものとして男女別にみると
1.女性側の主な原因 :卵巣機能不全、子宮内膜症
2.男性側の主な原因 :無精子症、性交障害等
3.その他 :不妊の原因が不明等
4.女性、男性の両方の原因

=女性側の主な原因=

1.卵巣:卵巣機能不全
2.卵管:狭窄(きょうさく)癒着、閉鎖、水腫(すいしゅ)
3.子宮:筋腫(きんしゅ)、奇形、発育不全
4.内分泌ホルモン異常
5.子宮内膜症
6.その他

=男性側の主な原因=

1.精巣(睾丸):無精子症
2.精路閉鎖
3.性交障害
4.内分泌ホルモン異常
5.その他

意外と思われる実際の不妊治療の真実

WHO(世界保健機関)が発表した不妊症原因の統計で不妊症の原因は41%が女性側、24%が女性男性ともにあり、24%が男性側、11%が原因不明となっています。

意外かもしれませんが不妊症の原因が男性側にある夫婦というのが約4組に1組で、女性男性両方に不妊症の原因がある夫婦も約4組に1組となります。つまり男性の原因が考えられるものは約2組に1組と約半数近くになるということです。

その為、不妊症の検査は夫婦ともに受けることがベストです。

不妊症の原因の多くは、ストレス、ホルモン、性機能など複数の原因が、複雑に絡み合って不妊という症状が形成されています。
現在の日本社会では晩婚化で不妊の原因として年齢も関係しておりいます。年齢を重ねる事により妊娠率は徐々に低下していくことはすでに皆さんご周知のことと思われます。

子供が欲しいと思っている場合は早く不妊治療に理解のある医療機関に受診することがオススメです。
その際は年齢、体重(数ヶ月〜数年)、生理周期、性生活、服薬中の薬、パートナーでのコミュニケーション、理解度、遺伝、ストレスなど考えうるものは答えを用意して受診するとカウンセリングがスムーズに進みます。

不妊症とセックスレス

また、不妊症の原因の一つにセックスレスが挙げられます。

近年セックスレスだというケースが非常に多く聞かれるようになりました。セックスレスというのは1カ月以上夫婦の間で性交渉がない状態と定義されます。

加齢によるホルモンバランスの変化によるすれ違い

原因としてホルモンが関係していると言われます。

性欲を司るものはテストステロンと言われる男性ホルモンです。
一般的に男性は20代をピークに男性ホルモンは30歳以降どんどん低下してきます。これは性欲が少なくなることを意味します。それと反対に女性は更年期当になると女性ホルモンが低下し男性ホルモンが増えるわけではないですが相対的に増えます。

男性の性欲が衰え始めてくる30代での結婚では、そもそも結婚してもあまりセックスをしない、したくない状況であったり、いざしようと思っても勃起しなかったりと、さまざまなトラブルが起きています。

セックスは夫婦間のコミュニケーションツール

セックスは夫婦間のコミュニケーションツールです。
「セックス=コミュニケーションツール」と認識しているのと
「セックス=子作り」と認識しているのでは
同じセックスでも夫婦間でかなりの理解の隔たりが生まれるので一度話し合うことも必要になります。夫婦間に年齢の開きがある夫婦間では特に注意するポイントです。

長期のセックスレスの夫婦はお互いに異性としての魅力を感じないというケースが多いです。その理由に多い答えは、男性は「仕事で疲れている」、女性は「面倒くさい」。疲れているから、また今度。面倒くさいから、またにして。夫婦間では確かについつい、口にしてしまう言葉ですが長い結婚生活を考えてみることも大切です。

セックスレスになれば、必然と自然に妊娠することが困難になります。
セックスレスというのは不妊の原因の中でも体には何の問題もありません。
妊娠したいという気持ちはあっても精神的な原因からセックスができず、それが不妊症を招いていることになります。

不妊治療への取り組み

こちらのコースでは体調の管理や夫婦間のストレス管理、正しい性知識、妊娠、出産の知識を理解して中長期で臨んでいただきます。

また当院は医療機関と連携してチームとして不妊治療に取り組んでいきます。施術報告書や担当の病院の医師、看護師との連携しベストな状態で妊娠、ご出産に望んでいただけるようサポーといたします。

性機能の維持改善

=男性の場合=

男性の場合、性機能障害とは、性交を行うことが困難な状態のことを意味します。

例えば、
性衝動(性欲)、勃起するまたはそれを維持する能力(勃起障害またはインポテンツ)、射精する能力、陰茎の変形なしに勃起する能力、オルガスムに達する能力など

=女性の場合=

女性の場合の性機能障害には、性交時の痛み、腟の筋肉の痛みを伴う収縮(けいれん)、性欲や性的興奮の問題、オルガスムに伴って感じる苦痛などがあります。女性も男性と同様に精神的要素を含む要因があげられます。

抑うつ、不安、その他の心理的要因、病気、薬物などが性機能障害の一因になることがあり、パートナーとの関係の問題を含めた個人的な状況など。

女性の約30~50%が生涯のいずれかの時点で性機能の問題を経験します。苦痛を感じるほど問題が重大である場合、性機能障害とみなされます。

性機能障害とは、性的関心や性欲の欠如、性的興奮やオルガスムを得ることが難しい、性行為中の痛み、腟周囲の筋肉の不随意の収縮、望んでいない身体的な興奮が持続するなどで、性機能障害のある女性のほぼ全員で、こういった具体的な問題が複数みられます。

当院では

不妊治療は長い期間、体力気力のいるものです。ひとりでその不安を抱え込まずにまずは第三者の専門家に一度ご相談されることをオススメします。

そしてパートナーで医療機関を受診し、正確な状況をまず知るところから始まります。

不妊治療ではストレスや焦り、鬱、トラウマなどの精神的要素を含むことがよくあります。
そのような精神的要因をとり除いたり、身体面においても全身の血流が良くし、子宮が妊娠に向いた良い環境になるよう骨盤、腰回りの血流を回復するなどのサポートは当院が担当いたします。

そしてご本人様の承諾があった際のみ医療機関へ施術報告書や近況報告など密に連絡を取り合いベストな状況になるためのサポートを行います。

ご予約ははお電話、LINEで承っておりますのでお気軽にご相談ください。
※不妊鍼灸は保険対象外です。自費負担となります。

ご予約はこちら